文化創造館ゆどのみち「六十里越番所」

 
1200年の歴史古道「六十里越街道」を歩く旅へでかけてみませんか!【六十里越街道の歴史資料展示・観光案内所】
 
文化創造館外観
 
ゆどのみち「六十里越番所」のご案内
展示内容 街道名所写真パネル、歴史絵巻、街道変遷記、書籍展示、映像で訪ねる古道歩き等
街道案内 あさひむら観光協会による街道情報のご案内
パンフレット・地図を差し上げます。
※携帯情報端末があれば、外国語音声ガイドを聞くことができます。
 
ゆどのみち「六十里越番所」写真

多彩なジャンルの芸術文化を一堂に集めた文化創造館は、霊場出羽三山や雪国の知恵の遺産である多層民家など歴史ある朝日地区の豊かな文化を紹介する施設。2016年より出羽の古道「六十里越街道」コーナーが新設されたほか、観光案内所も文化創造館内に場所を新たにし、古道トレッキングの拠点としてご利用いただくと共に、季節により様々な企画展を開催しています。

地図
 
時間 午前9時~午後5時
休み 年始、1月~2月、12月・3月の第4月曜日
企画展
料金
大人
(高校生以上)
小・中学生 3歳以上
小学生未満
団体
(10名様以上)
300円 200円 100円 団体割引有り
 
※展示内容により変更になる場合があります。
六十里越街道コーナーは入場無料です。
 
文化創造館恐竜展写真  
 

出羽の古道「六十里越街道」

 

出羽の古道「六十里越街道」とは?

山形県の庄内地方と内陸を結ぶ街道で、一千二百年前から開かれたと伝えられています。山岳信仰の盛んだった室町・江戸時代には、湯殿山を目指して東北や関東各地から訪れる道者(参拝者)でにぎわいました。物資の輸送や参勤交代にも使われた街道ですが、現代においては「歴史古道歩き」のルートとして、再びにぎわいをみせています。

六十里越街道の写真
六十里越街道の写真
 
はじめての古道歩き 六十里越街道の歴史 日本風景街道 とうほく街道会議
 
 
文化創造館写真
 
▲このページの上に戻る

home   施設概要   サイトマップとご利用案内   お問い合わせ