施設概要

「道の駅・月山」としてオープンした「月山あさひ博物村」は、山形と鶴岡を結ぶ国道112号と梵字川渓谷の間にあり、一帯は豊かな緑に恵まれ、自然公園の趣です。出羽の古道「六十里越街道トレッキング」の拠点であり地域の歴史と文化を紹介する「文化創造館 ゆどのみち 六十里越番所」はじめ、人気のボルダリングが楽しめる「梵字の蔵」、地域特産の山ぶどうを原料にした月山ワインやジュースの製造工程を見学しながら試飲できる「山ぶどう研究所」、あさひ産そば粉100%、そば打ち体験もできる「そば処 大梵字」などがあり、Wi-Fiフリースポット完備の食べて、遊んで、学べる施設です。

全体図
路線名 国道112号
所在地 山形県鶴岡市越中山字名平3-1
電話 0235-53-3411
営業
時間
月山道路情報ターミナル/24時間
他施設/9:00~17:00
休館日 月山道路情報ターミナル/無休
他施設/12月~3月の第4月曜・年末年始
駐車場 普通車:130台
大型車: 9台
※24時間利用可能
EV充電器あり
トイレ 男性用:21
女性用:13
※ベビーベッド有
身障者
設備
車椅子対応トイレ:1
駐車場:2台
スロープ
 
幸福のフキまじない
 

月山道路情報ターミナル

月山道路情報ターミナル写真
 
24時間・年中無休で、月山花笠ライン(国道112号線)の道路情報を発信。
112ナビ

山ぶどう研究所

山ぶどう研究所写真
 
特産の山ぶどうを原料にしたワイン、ジュース、シャーベットなどの製造工程が見学できます。
山ぶどう研究所

物産館

物産館写真
 
地域の特産品を販売。月山ワインや山ぶどうジュースなどの試飲もできます。
おみやげ

梵字の蔵

梵字の蔵写真
 
人気のボルダリングが楽しめるほか、特産品の展示販売、イートインコーナー等があります。
詳細
 

文化創造館

文化創造館写真
 
六十里越街道トレッキング拠点。朝日地域の歴史・文化・アートを企画展示。
詳細

観光案内所(情報機能)

観光案内所写真
 
カタクリ姫がお出迎え。鶴岡市朝日地域はもとより、周辺の観光案内も取り揃えています。
あさひむら観光協会

梵字の茶屋

梵字の茶屋写真
 
特産の「天然山ぶどう」のスイーツを梵字川渓谷の眺めと共にお楽しみ下さい。
詳細

ふれあい橋

ふれあい橋写真
 
梵字川渓谷・亀の滝を見下ろす川面より高さ約34m、長さ72mの雄大な吊り橋。
梵字川渓谷の紹介
 

そば処 大梵字

そば処 大梵字写真
 
地元朝日産そば粉100%の挽きたて・打ちたて・茹でたての三たて手打ち十割そばをご提供。
詳細

古の里 ふれあい広場

古の里ふれあい広場写真
 
春はカタクリ、夏はカブトムシ、秋はクリ拾いと、あさひの季節が満喫できるフィールドです。
詳細

古の里 森林公園

古の里森林公園写真
 
「大梵字」を見下ろす山に、子ども達が思いっきり駆け回れる広場や遊具、遊歩道などが整備されています。

古の里 展望台

古の里展望台写真
 
森林公園の遊歩道を上ると、道の駅「月山」月山あさひ博物村・梵字川渓谷一望の雄大な眺めが楽しめます。
 

多目的トイレ

トイレ写真
 
大駐車場側のトイレに、ベビーベッドと車椅子対応の多目的トイレをご用意しています。
※24時間利用可能

まんぼ112

まんぼ112写真
 
大駐車場と道の駅「月山」側を結ぶ地下道は「朝日郷土かるた展」などのアートスペースにもなっています。
まんぼとは 「まんぼ」とは、鉱坑を意味する古い鉱山用語の「間歩」(まぶ)が訛ったものと言われ、人間が掘った横穴・トンネルなどのことを言います。
 
「まんぼ112」は、地下道完成時に名称を公募し、国道112号線を横切る地下道(まんぼ)ということで名付けられました。
 
へぐりのまんぼ 道の駅「月山」から車で12分。下名川地区を流れる大鳥川には「へぐりのまんぼ」と呼ばれる享保年間に掘られた農業用水路があり、名川橋から望む紅葉が見事だと地元の人々に親しまれています。
 
>> 朝日の紅葉絶景ポイント
 
月山あさひエリアマップ 112ナビ
 

※国道横断は、たいへん危険ですので地下道「まんぼ112」をご利用ください。

 
道の駅「月山」月山あさひ博物村外観
 
▲このページの上に戻る

home   施設概要   サイトマップとご利用案内   お問い合わせ